初診の方はお電話のみで受付けております

不育症について|立川市 婦人科|立川ARTレディースクリニック(立川北駅近く)

不育症について

不育症について

自然流産を繰り返して生児を得ることが困難な状態を言います。2回の自然流産を繰り返すものを反復流産と呼び、3回以上繰り返すものを習慣流産と呼びます。両者を含めて不育症と言います。不育症の原因は様々で多岐に渡ります。

不育症の検査

  • 子宮形態検査
  • 免疫学的検査
  • 凝固系検査
  • 内分泌学的検査
  • 感染症検査
  • 染色体検査

不育症の原因と治療

1.子宮形態異常

子宮形態異常の治療は一般に手術療法での治療になります。粘膜下子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、中隔子宮の場合は経頚管的腫瘍切除術(TranscervicalResection:TCR)を行います。筋層内筋腫が子宮内膜に対し干渉がある場合には筋腫核出術の適応となります。

2.自己免疫異常・3.血液凝固異常

抗リン脂質抗体症候群が存在する場合、低容量アスピリン療法とカプロシン併用療法を行います。NaturalKiller(NK)細胞活性が高い場合はピシバニール療法の適応となります。血小板凝集能が高い場合は低容量アスピリン療法の適応となります。また、自己免疫異常の程度により漢方薬での治療や漢方薬と低容量アスピリン療法の併用療法を行います。

4.内分泌学的異常

LH,FSH,E2を測定することによって卵巣予備能を評価することができます。
また、月経周期の異常の有無や超音波断層診断そしてホルモン値を評価することによって多嚢胞卵巣症候群等(PolyCysticOvarySyndrom:PCOS)の診断を行うことができます。PCOSはインスリン抵抗性を合併していることが多く、PCOSを疑う所見があれば空腹時血糖値とインスリン値を測定することによってインスリン抵抗性を評価することが出来ます。インスリン抵抗性を合併している場合には不育症との関連も示唆されているため、メトフォルミンの投与を行います。
高プロラクチン血症は不育症の約15%に認められます。高プロラクチン血症は下垂体腺腫、甲状腺機能低下症や薬剤性のものも存在しますので、これらの疾患の評価も同時に行います。また、TRH負荷テストにより潜在性高プロラクチン血症を診断出来ます。高プロラクチン血症の場合にはテルロンやカバサールの投与を考慮します。
黄体機能不全が存在する場合には黄体ホルモンの投与を行います。
甲状腺機能は低下症や亢進症のいずれの場合でも流産や死産率を高めるとの報告があり精査および治療を受けていただく必要があります。

5.感染症

膣内常在菌叢の異常やクラミジア・トラコマチス感染症の存在は流産・早産の原因となるため異常が認められた場合にはご夫婦いっしょに治療を受けて頂く必要があります。

6.染色体検査

不育症患者ではご夫婦どちらかが染色体異常ある頻度が約2.2%と高い確率で存在します。習慣流産の原因としては転座が問題となります。相互転座、Robertson転座、逆位など、表現系の異常を伴わない均衡型の構造異常が一般集団に比較し、それぞれ15倍、5倍、20倍存在します。治療法がないため、十分なインフォームドコンセントが必要になります。

Page Top