交通アクセス
〒190-0012
東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル4F
立川駅北口から徒歩3分

初診・再診のご予約について

Tel.042-527-1124
予約フォーム

助成金についてsubsidy

助成金についてsubsidy

令和3年から不妊治療助成が拡充されます!東京都限定

img01

1.体外受精及び顕微授精に対しての助成が拡充されました!
所得制限、助成額および回数について大きく拡充されています。
令和3年1月1日以降に終了した治療が対象になります。

①所得制限が撤廃されました。

②1回の治療で30万円が、支給されるようになりました。
但し、次の場合は1回10万円になります。
・以前に凍結した胚を移植する場合
・採卵したが卵が得られない、又は状態の良い卵が得られないため中止になった場合

③助成金の支給回数が1子ごとに6回となりました。
但し、妻年齢が40歳以上43未満で通算1回目の助成を受けた場合は3回になります。

⇒東京都特定不妊治療助成


2.不妊検査の補助金も支給されています。
東京都は不妊検査及び薬物療法や人工授精等の一般不妊治療にかかる費用の一部を助成しています。
妻年齢が40歳未満のご夫婦に、5万円を上限に1回支給されます。

⇒東京都不妊検査等助成金事業


3.不育症検査についての助成があります。
東京都では2回以上の流産及び死産、もしくは早期新生児死亡の既往があること、又は医師に不育症を判断された場合、その検査費用について助成しています。
妻年齢が43歳未満のご夫婦に、5万円を上限に1回支給されます。

⇒東京都不育症検査助成事業


4.東京都以外の自治体他、市区町村でも助成している場合もありますので、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

特定不妊治療助成金制度ついて

img02

子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、子どもに恵まれないご夫婦はおよそ140万カップルいます。その中で実際に不妊治療を行っているご夫婦は30万カップルと推定されています。
多くの不妊症カップルが治療を受けていないことになります。
その原因の一つが治療費によるものと考えられます。

不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精については、保険適用されず、1回の治療費が高額になっていることもあり、子どもを持つことを諦めざるを得ないご夫婦も少なくありません。これらの治療を受けるご夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています。 立川ARTレディースクリニックでは、特定不妊治療助成事業の「指定医療機関」となっております。
特定不妊治療に要する費用の一部を行政より助成してもらうことが可能となります。

当院通院中の方であれば、「みなし認定制度」により東京都内在住の方以外でも在住の自治体へ「特定不妊治療助成金制度」を申請することが可能です。
市区町村でも助成している場合もありますので、詳細に関しては東京都内在住の方は東京都へ、あるいは在住の自治体へお問い合わせくださいますようお願いします。

不妊治療のご予約はお気軽にどうぞ

042-527-1124【休診日】木曜日、日曜日、祝日