初診の方はお電話のみで受付けております

雑誌・メディア情報|立川市 婦人科|立川ARTレディースクリニック(立川北駅近く)

雑誌・メディア情報

雑誌・メディア掲載

読売「病院の実力総合編」 2018

経験豊富な医師と培養士が妊娠をバックアップ顕微授精や体外受精などの高度な治療に取り組む

ひとくちに不妊治療といっても、自然妊娠に近いタイミング療法から人工授精、体外受精までと様々。立川ARTレディースクリニックでは、この中でも特に高度な顕微授精や体外受精を得意としており、2010年の開院以来、2,000人の妊婦さんを送り出してきた。(※2010年10月~2016年12月)

キャリア20年のベテラン培養士が在籍

立川ARTレディースクリニックの右島富士男院長は、医学部卒業後に大学病院の産婦人科に入局して以来、不妊治療ひとすじに取り組んできた。米国スタンフォード大学やノースウェスタン大学の産婦人科にも留学して研鑽を重ね、独立・開業したのが7年前。以来、2,000人の妊婦さんを送り出してきた。「当院ではタイミング療法や人工授精などの一般的な不妊治療から、体外受精や顕微授精、凍結胚移植など高度な生殖医療を提供しています。流産を繰り返した方や42歳以上という年齢的に妊娠が難しい方などを治療して、無事、妊娠・出産させたことも少なくありません」(右島院長)不妊治療に重要な役割を果たす培養士は7人在籍。一般体外受精や極細のガラス管を使って卵子に精子を注入する顕微授精により卵子と精子を出会わせ、受精へと導く。そして移植する胚になるまでの成長を見守る。患者に接する機会は少ないが、縁の下の力持ち的な存在である。現在の不妊治療では、受精卵を一旦凍結し、胚が着床しやすい子宮の状態になってから移植する凍結融解胚移植が主流になってきている。同院の培養士の中に、この技術をいち早く研究・実践してきた経歴をもつ者もいる。「より良い胚が育つためには何をすべきか常に考えています。また非常時を想定し、培養液や凍結・融解液の供給が途絶えた場合でも対応できるよう心がけています」とのこと。同院での妊娠率を支えているのは医師とともに培養士の不妊治療に対する真剣な取り組みだ。

立川ARTレディースクリニックのもう一つの特徴は、丁寧で親身なカウンセリングだ。右島院長も不妊治療の種類や方法だけでなく、妊娠しやすい身体にするにはどうすればよいかなど根本から説明するという。「妊娠を望むならタバコやお酒は厳禁です。タバコは卵巣への血流を悪化させますし、お酒はアルコールを代謝する際に生成されるアセトアルデヒドが胎児や卵子に悪影響を与えます」と右島院長。ほかにも、過剰なダイエットや激しいスポーツなども妊娠しにくい身体にしてしまうが、こうした状態を改善させるには、第一に規則正しい生活をして、バランスのよい食事や十分な睡眠をとることが大切だという。「米国産婦人科学会において高たんぱくで糖質を抑えた食事は妊娠率を上げると報告されました。ですから、肉や魚、大豆、卵などのたんぱく質を意識的にとり、ご飯やパンなどの炭水化物は少なめに。食事内容を変えて2~3か月程度で良好な卵子に変わっていきます」同院には管理栄養士もいるので、献立メニューも具体的に検討可能だ。また、心理カウンセラーも在籍しており、妊娠へのプレッシャーなどメンタル面のフォローも期待できる。「新生児の約20人に1人が体外受精児という時代です。不妊に悩んでいるなら、ためらわずに気軽に相談してください」(右島院長)

HOSPITAL DATA
〒190-0012東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル4F
TEL.042-527-1124 FAX.042-527-1128
http://tachikawa-artlc.jp/

■診療時間 9:00~12:30/15:30~18:30
■休診日 火曜午後、木曜午後、日曜、祝日
■費用について(健康保険適用外)
院長右島富士男みぎしま・ふじお
1995年北里大学医学部卒業。北里大学病院産婦人科、北里研究所メディカルセンター病院産婦人科などを経て、2004年にスタンフォード大学、05年ノースウェスタン大学に留学、07年よりIVFなんばクリニック医長。2010年開院。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。

体外受精胚移植/約20~35万円 顕微授精胚移植/約25~45万円

妊活スタートBOOK 2017夏秋

ご近所ドクターBOOK 2016年

赤ちゃんが欲しい 2015春

やせすぎが原因で妊娠しにくいことってあるのですか?

太りすぎは妊活によくないと思っていましたが、やせすぎも問題らしいと、最近聞きました。現在、身長161㎝、体重46kgです。もう少し体重をふやしたほうがよいのでしょうか?なかなかふえないのですが、どのようにふやすのが理想的ですか?
(静岡県・K・Mさん 36歳 赤ちゃんがほしい歴2年)

【お答え 右島富士男先生】
北里大学医学部卒業。北里大学産婦人科、IVFなんばクリニックなどをへて、2010年に立川ARTレディースクリニック開院。スタンフォード大学・ノースウエスタン大学産婦人科への留学経験をもとに、情報交換しながら最先端の医療を提供「幸せを実感できる医療を提供すること」をモットーに治療にあたる。

食事の内容を見直しましょう。実践すれば体は変わっていくので、たとえ体重がふえなくても大丈夫です。
やせていると、妊娠にどんな影響があるのですか?
このかたの身長と体重を肥満度などをあらわす体格指数であるBMIで計算すると、17.7で「やせすぎ」になります。BMIは体重(kg)+身長(m)X 身長(m)で計算し、日本では22が標準体重で、25以下が肥満、18.5未満が低体重(やせ型)とされます。
もともとの体格もありますが、標準体重だったのがやせた場合や、短期間で5~10kgといった極端な体重減は注意が必要です。体重が減るということは生命の危機ですから、生命を維持するために、脳は妊娠の機能をあと回しにする指令を送ります。その結果、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられ、卵胞の発育がストップ、排卵が止まります。これが続くと排卵しにくくなり、やがて無月経になることが。卵巣への血流も悪くなり、卵巣にある卵子の数が減り、また子宮も高齢者のように萎縮することがあります。
肥満と妊娠の関係はどうでしょうか?
太りすぎは、妊娠にかかわるホルモンが十分に分泌されずに排卵障害を招くことに。卵胞が一度にたくさん育ち、皮膜がかたくなってうまく卵子が飛び出せない多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)は、肥満の人や糖尿病予備軍の人に多く見られます。適正体重に近づけることが大字ですが、ダイエットに失敗してリバウンドを繰り返すと、やせにくくなってしまうので、無理のない方法でとり組むことが大字です。
やせすぎも太りすぎも、妊娠によくないのですね。適正体重をたもつにはどうしたらいいでしょうか?
栄養バランスを考えた食事、運動、睡眠、喫煙と飲酒を控え、十分に日光を浴び、体を冷やさない、規則正しい生活が基本です。卵巣への血流が悪くなる、卵子の質が落ちる、低出生体重児のリスクが高まるなど、喫煙の害はよく知られています。一方飲酒は、アルコールを代謝するときに生成されるアセトアルデヒドの影響が心配です。卵巣内にある卵子そのものに影響を与えるおそれもあるので、妊活中は控えるのが無難です。
では実際に、どんな食事をとればいいのでしょうか?
まず、肉や魚、大豆食品や卵などのタンパク質を十分にとること。牛・豚・鶏・羊など肉の種類は問いません。それから野菜はたっぷりとって、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を減らします。
2013年、米国産か婦人科学会(ACOG)は「高タンパクで糖質を抑えた食事は体外受精の受精率を向上させる」と発表しました。それによると、1日のカロリー摂取量のうち、タンパク質に由来する熱量が25%以上で糖質(炭水化物)由来の熱量が40%以下の食事をとっている女性では、タンパク質に由来する熱量が25%未満で糖質由来の熱量が40%以上の食事をとっている女性とくらべて、体外受精の妊娠率が4倍に増加したとのこと。私自身も、患者さんが食事を帰ることで、体外受精の受精卵の分割がよくなることを経験しています。食事を変えて2~3ヶ月あれば良好な卵に変わっていくようです。
しっかりと食事がとれていれば、体重がふえなくても心配しなくていいのでしょうか?
そのとおりです。この食事改善をすれば、体重がなかなかふえないというやせ型の人でも、ちゃんと栄養が吸収されて体は変化していきます。それでも、職が細くて一度にたくさん食べられない人は1日3回ではなく、食事回数をふやしてみてください。また、食事だけでは十分な栄養がとれないと心配ならば、サプリメントを併用してもいいでしょう。プロテイン(タンパク質)や、脂肪を燃やすアミノ酸であるL-カルニチン、ラエンネック(豚の胎盤エキス)、エネルギー代謝に役立つとされるATP(アデノシン3リン酸)などがいいでしょう。
また女性は、おなかの赤ちゃんの初期の発育に欠かせない栄養素である葉酸を積極的にとってください。男性は亜鉛を含むカキなどがおすすめです。また、抗酸化作用のあるリコピンを豊富に含むトマトジュースを飲み続けることで精子の運動率が上昇、精液中の白血球数が改善されたというデータもあります。
食べるものが私たちの体をつくるということを忘れてはいけないですね。
毎日大きくなっていく卵胞をイメージしながら、おいしく楽しく食べ物と食べ方を変えていきましょう。おなかの赤ちゃんに栄養を与えるのは、母である自分自身です。
そして、赤ちゃんのもとになる卵子に栄養を与えるのは、やはり自分しかいないのです。ぜひ意識してとり組んでみてください。
Page Top